記事一覧

やっぱ、ちょっと普通と違う・・・

いやぁ、まいったまいった。

最近欠陥品をつかまされることが多くて気が滅入ってしまう!
こういうときって返品交換すれば良いんでしょうけど、そういう気力も失せちゃうんですよね~。

ちゃんとした製造元の商品買わないとだめね、やっぱり。



良い勉強になりました。

SKE48犬塚あさなの件について

昨日、AKB48グループは大組閣という、AKB48とか地方のグループのメンバーをシャッフルして新しいチームを作り直ししました。

それにあたり、博多から東京に行ったり、東京から大阪に行ったりする「移籍メンバー」や今まで研究生で頑張っていた子達が晴れて正規メンバーに昇格したりしました。

その中で、去年ちょっとスキャンダル的な疑惑を持たれたメンバーがいました。犬塚あさなさんです。僕は彼女のことをよく知りませんでした。

今回その件について犬塚さん自ら口を開いて、ファンへ向けて釈明しました。
なぜならばその当時、マネージメントサイドから箝口令が敷かれていたからでした。

その顛末を見て「なぜマネージメントサイドはこれを公表しなかったのだろう。公表すれば少なからず疑っていたファンは離れなかったかもしれないのに」と思いました。

こういう職業をしていると、自分にもそういった節がないか思い巡ることもあるのです。その結果、その時の運営の判断は正しいという結論に至りました。

僕の考えは以下の通り。

  • 彼女の失敗はプライベートの一端である
  • プライベートな部分で疑惑を持たれた訳であるが調査の結果「白」だった
  • 白なのであればプレスリリース以外に本人がプライベートを晒す必要はない
  • 公表すれば「問題の無いプライベート」を公にするということである。
  • その段階で「ファン側がメンバーのプライベートを知ること」を運営が認めた事と同義である


  • これは僕のAG-promotion所属声優にも適用される考えです。
    ファンとタレントを繋ぐのが我々の仕事でもあると同時に、タレントのプライベートとパブリックをしっかり線を引く作業をするのも我々の仕事であるのです。

    タレントとファンのあいだでの秩序を作り、それを守る。

    タレントのプライベートを守り、安心して仕事が出来る環境を提供するのがマネージメントの宿命だと思っています。

ガールフレンド(仮)

最近ちまたで話題のクロエ・ルメールさんですが、あれぐらいトチ狂ったブロークン日本語というかエクストリーム日本語をギャルゲー界で少なくとも先んじて披露したのはリーゼロッテ・シュレーベル@倉田まりやじゃないの~?

たぶん違うw

でも、忘れないでほしいっちゃん

すごいなー

HDの中身を探検してたら長澤奈央さんの「×○×○×○」が出てきた。
すんごく久しぶりに聞いてみた。


良い曲!



で、ついでにPVを見たくなってつべで検索してみた。
さすがグラビアアイドルだけあってオギオギしちゃうような動画が山ほど。

その中で映画の予告がありました。

なんと今度主演で映画が公開されるらしい。
凄いなぁ。

グラビアの方って「見た目だけ」みたいなイメージがあるかもしれなけど、しっかりアクション女優を目指していらしたんですね。素晴らしいです。

よーし!

これから「神々のトライフォース2」クリアするぞ!

芸能人のスゴさ

「モンスターズユニバーシティ」を借りて見た。
いやぁ、さすが10年以上寝かして、満を持しての続編だけあって、めちゃくちゃ面白かった。超美麗フルCGアニメとか見所はあるんだろうけど、声優と仕事をしている俺からするれば見所のひとつとして見逃せないのが吹き替え。

前作同様主役の二人は爆笑問題の田中氏とホンジャマカの石塚氏が担当している。芸能人、芸人だからといって甘く見てはいけない。このお二人すごく上手。というか普通に声優と言っていいレベル。前作から成長が見られるところがますます凄いと思う。

厳しい顔出しの芸能界を長年生き残っているタレントさんというのは、本当に芸達者で研究熱心で、なによりも「しぶとい」。

声専門で勉強してても芽が出ないのに、こういう人達はある一定レベルを超える仕事をしてくる。なんなんだろうな。

悔しいけれど、表現者を目指す者の前に無情にもそびえる「才能の壁」って奴は確かにある。それを越えられなければ仕事にはありつけないし、この先生き残ることも出来ないのだ。

出る出る~♪

「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」買うたった!
今はお店に行かずとも買える楽な時代で助かるわー。

俺は好かん

IWGPよりインターコンチがメインておかしくね?
ちょっと前から許されてる風潮がある、タイトルマッチが3WAYだったり4WAYだったり。
俺はどうにも好かん。

考え方が古いんだろうけどこれは俺が好きだった「新日本プロレス」じゃない。若い人をどんどん取り込んでる今のフロントは素晴らしい仕事をしてるというのは解っているけど。

好みの問題の上に、特にプロレスはイデオロギーの戦いだからね。

新年あけましておめでとうございます

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中は弊社所属タレントを応援頂きまして誠にありがとうございます。
本年は、これまでの力、新しい力が融合して飛躍の年にしていきたいと思っています。
なによりも応援してくれている皆様に「注目していて良かった!」と思ってもらえる活動が出来ればいいなと。スタッフにもそういう力が芽生えていけばいいなと思っています。

僕がいなくても若い力が自分の発想力で表に立てる、そんな1年になると良いな。
そしたら僕は本望です。

本年も、所属声優、スタッフ共々よろしくお願い申し上げます。